Event is FINISHED

正しく知って正しく活用したい「AIのホンネ」

Description
バズワードとなって久しい「AI」。AI開発企業と上手く協業し成果を出している企業、教育や採用に力を入れ内製化に成功しつつある企業などAIの導入が当たり前になっている一方で、上手くいかないというケースもよく耳にします。

上手くいかない要因として、AIという技術理解が徐々に進んでいる一方で、開発の進め方やビジネスへの応用に課題がある点、加えて、そのような話が世の中に出てこないということもあるのではないかと考えています。

本イベントでは、AI開発企業側から見た業界あるあるをホンネで語っていただきます。普段は聞くことができないAI業界の裏側や成功失敗事例を聞いていただき、正しい理解、効果的な活用、そして、産業としての盛り上がりにつながればと思います。

本イベントを通じて、パートナー企業を探す/選ぶ際のポイント、AIの導入は大企業だけではなく中小ベンチャー企業でも可能であるということ、さらには、ベンチャー企業との付き合い方についてもお伝えします。

ーーーイベント詳細ーーー
【日程】
11月19日 16:00-17:30

【会場】
オンラインでの配信を行います。
視聴方法はチケットをお申込みの方に別途ご連絡いたします。

【登壇者】
ゲスト(五十音順)
・加藤エルテス聡志様(株式会社 日本データサイエンス研究所 代表取締役CEO)
・書上拓郎様(株式会社KICONIA WORKS 代表取締役)

モデレーター
・武居隼人(東急株式会社 東急アクセラレートプログラム運営事務局、SOIL運営事務局)

ーーー登壇者プロフィール(五十音順)ーーー
加藤エルテス聡志様
株式会社JDSC 代表取締役CEO


東京大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー、米系メーカー等での経験を経て、2014年に(社)日本データサイエンス研究所(現 JDSC、Japan Data Science Consortium)を創設、代表に就任。
https://jdsc.ai
【著書】
『機械脳の時代』(ダイヤモンド社)、『プログラミングは、ロボットから始めよう』(小学館)、『データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編』(技術評論社・共著)、『日本製造業の戦略』(ダイヤモンド社・共著)、編集協力に『日本の未来について話そう』(小学館)、『REIMAGINING JAPAN』(VIZMedia LLC)など。
【講演】
TEDxTokyo Salon "データサイエンスと教育の未来"、公正取引委員会『AIと企業間競争』など。

ーー

書上拓郎様
株式会社KICONIA WORKS 代表取締役

慶応義塾大学を卒業後、国内外の大手企業やコンサルティングファーム、ベンチャー企業での経験を経て、2015年からはAI分野のスタートアップ企業において様々な業界にて深層学習を活用したサービスやソリューション開発を多数経験。2018年、少数精鋭のエンジニア・データサイエンティストを中心としたKICONIA WORKSを創業し、機械学習などの最新技術のビジネス活用を支援している。AIのビジネス活用に関する教育講座の講師としても活躍中。

ーー

武居隼人
東急株式会社 フューチャー・デザイン・ラボ 東急アクセラレートプログラム運営事務局、SOIL運営事務局

大学卒業後、東京急行電鉄(株)(現、東急(株))に入社。グループ会社へ出向後、営業を経て複数のサービスや事業の立ち上げに、主に業務オペレーション構築の立場から参画する。2019年から現職。東急アクセラレートプログラムとShibuya Open Innovation Lab(SOIL)の運営を通じて、東急グループのオープンイノベーションの促進を担当する。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#829765 2020-11-20 02:15:57
More updates
Thu Nov 19, 2020
4:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン視聴チケット FULL
Organizer
SOIL
35 Followers